薬剤師の求人で珍しい案件

薬剤師の求人を見ていると大きく分けて3種類ぐらいあります。
病院の横にある薬局やドラッグストア内で病院からの処方箋に従って薬を調合する薬剤師の求人、第1類医薬品を扱っているスーパー等の薬局店舗での求人がほとんどほとんどを占めています。
病院の内容で薬を調合して患者さんに渡す病院も少なくなって、病院を出たら多くの薬局が点在しています。それらの薬局で調合してもらうことになりますが、それぞれの薬局に必要になるために薬剤師の需要の高さが理解できます。
またスーパー内の店舗で医薬品を販売している際に第1類医薬品を扱う場合には必要になります。
そのような中で僅かながらの求人で目についたのが物流倉庫内での薬剤師の業務です。

需要はあまりありませんが卸売り会社で、扱っているものが市販の医薬品だとか、高度医療機器と呼ばれるものであったり、過度なアルコール等を保管している場合には薬剤師の存在が必要になります。



例えばそのような会社が倉庫の引越しをおこなう場合には、新しい倉庫でどこにそれらの商材を設置するのかを図面とともの保健所に提出する必要があります。
そして保健所に承認を得られないと倉庫を使用することができず営業ができないのです。

またいろいろな販売許可証も住所変更等の手続きが必要になります。

仕事内容としては一般事務的なものもありますが、会社経営の一旦を担う大切な業務であり重要な存在になります。



そのような中で専門業務のみならず一般企業での仕事も身についていくことができます。